アクセス解析 舞台 | P-Life
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
photo
RECOMMEND
touch(初回生産限定盤)(DVD付)
touch(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
NEWS,井出コウジ,酒井ミキオ,Satomi,中西亮輔,Shusui,Stefan Engblom,Axel Belinder,近藤ナツコ,鈴木Daichi秀行,山下智久
初アルバムです☆
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

P-Life

山下流に、頑張らずに頑張る
NEWSの人達と、嵐の人達を応援してます☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
テ ゴ ラ ジ 
今日買いに行けなかったSTは、明日買いに行ってきます。

何やら色々と動き出してるようで・・・まだまだ気が抜けませんね。
とりあえず、嵐コンは言われるがままに、10月に移動です。
当初、初夏だった予定が、もはや夏でもなく秋って・・・。
MJウォークはドームでも見られるんでしょうか?(苦笑)
そこんとこかなり重要なんですけど・・・。


さてさて、29日まるっとテゴラジ感想なんですが、これがまた難しいなー。
一言で言うなら、2日経ったらまた無性に見たくなる、中毒性があるような舞台・・・ていうか。
完全にNEWSヲタ身内向けというか・・・。
1時間丸ごと手越ゆうやそのもの・・ていうか。
手越ゆうやってこんな人ですけどそれでも好きですか!?と問われるような、ある意味踏み絵的なモノ・・・みたいな。
う〜ん、やっぱり一言じゃ難しい。
帰りに相方が呟いた言葉、
「1公演見ただけじゃ解らないけど、2公演目からは楽しくなるね。でも、初見はかなりツライけど・・・(ここ重要)
が、他担さまの目線としてはかなり妥当じゃないかと思います。


で、ワタシの手越ヲタ目線で言わせてもらうと完全に、てごにゃ〜〜〜〜ん!!!(昇天)・・・なんだけど。(なんだそれ)
いやもうね、てごしさんのぶっ飛んだ感覚とか、物怖じしない性格とか、負けず嫌いさとか、
独特な笑いのセンスとか、ラジオでのバカテンションとか、圧倒的な歌唱力とか、
見る者を恥ずかしくさせるリアクションとか、モノマネとか、とびきりの可愛さとか、
今まで見てきて分かってたつもりでも、まだまだ甘かったです。
NEWSの中で見せてきた手越ワールドはほんの一部でしかなく、
1時間の舞台を一人で任されたてごにゃは、その全てにおいて全力で、たった1時間を見事に濃厚な手越ワールドに仕上がってましたよ。
もう本当に想像していた以上に濃厚で、想像以上にキモチワルイ感じになってましたけど(ワタシなりの褒め言葉ですよ)・・・あんなに伸び伸びと楽しそうにしてる手越さんを見てたら、ただただ褒めてあげたい!
もう、4代目担当ともなるとアマくてなんぼなのです。

そして、この機会を与えてくれた関係者さん、ありがとうございます。
ただ、こんなソロでやらせてもらえる機会は滅多に無いだけに、出来たらもっと本人にもファンにも、しっかりと準備期間を与えてもらいたかったなと思いますが。
逆に、てごなら追い込まれても大丈夫だろうと、見込まれての起用だったのかもしれないし。
このことがまた次へのステップと、彼の自信に繋がればいいなと思います。

そして、そんな初のワンマンショーを誰よりも楽しんでいたのは、間違いなく手越さんで・・・。
舞台上のてごにゃんは、素なのか演技なのか、ネタなのか本気なのか・・・始終そんなテンションでしたけど、各方面(こやしげ)の感想を聞く限り、あれが素であり本気だったのですね。
・・・やっぱりな。

では、以下長々とテゴラジまとめ書き。第一弾!
read more...
| 舞台 | comments(3) | - |